2017年01月06日

平成29年 松本市消防出初式開催!

平成29年1月5日(木)、松本市消防団と松本広域消防局により、新年恒例の消防出初式が開催されました。
☆ 出初式とは?     
  出初式とは消防関係者の仕事始め式のことです。消防出初式の歴史は古く、万治2年
 (1659)正月4日、徳川幕府4代将軍徳川家綱のとき、老中稲葉正則が上野東照宮前
 に臨場し、定火消(旗本で組織された常備の火消し)4組で挙行したことが、始まりと伝
 えられています。
☆ 観閲式及び分列行進     
  松本市では、松本城から飯田町交差点まで、消防団員約800名と消防団車両及び消防局
 特殊車両による分列行進を行ない、途中、千歳橋上で菅谷松本市長、清水松本広域消防局
 長、村山松本市消防団長の観閲を受けました。庄内地区を管轄する第6分団は整然かつ力
 強く行進されていました

☆ 式典

  分列行進に続き、まつもと市民芸術館大ホールにて、式典が行なわれました。式典では
 永年消防活動従事している団員の表彰に加え、地区町会での防災活動や、企業の防火管理
 に多大な功績があった個人や団体の表彰が行われました。
                                    ※ 松本市公式ホームページより引用
IMG_5672.JPG IMG_5675.JPG
  【村山消防団長、菅谷市長、清水消防局長他消防関係者の皆さん】         【松本広域消防局指揮車の先導で分列行進がスタート】
IMG_5676.JPG IMG_5682.JPG 
    【消防団旗を先頭に行進が進みます】       【第1〜第6分団の皆さんです。第6分団は最右列です。】
IMG_5690.JPG IMG_5712.JPG
【第7〜第12分団の行進です。分列行進の最後は消防車両です。写真ははしご車です。】
posted by 庄内玉手箱 at 08:46| 日記