2017年01月26日

山が本当にきれいです!

昨日今日(1月25〜26日)は、朝、本当にしばれました!でも山が本当にきれいです!!でも今日は日中、少し暖かくなりそうですね。
CIMG2784.JPG CIMG2785.JPG
posted by 庄内玉手箱 at 11:59| 日記

2017年01月10日

各町会で三九郎行事が行われました。

三九郎は1月15日を中心とした小正月(現在は上旬〜中旬にかけて行われています)の子どもたちの火祭りのことです。1本の松を心棒に、正月に飾った門松やしめ縄などを集めて作った円錐状の三九郎が市内の各所にたてられます。三九郎は夜に焼かれ、柳の枝に米の粉で作った繭玉の形のだんごをさして、それを焼いてたべると、1年健康でいられるといいます(新まつもと物語HPより)。庄内地区では1月7日〜8日にかけて全町会で行われました。三九郎は各町会によって工夫され、微妙に形が違います。各町会の三九郎を写真でどうぞ!
1南新町1・2.JPG 3逢初町.JPG
【左:南新町一丁目・二丁目町会合同  右:逢初町町会】
4新家町.JPG 5庄内町.JPG
【左:新家町町会  右:庄内町町会】
6豊田町.JPG 7出川両町会.JPG
【左:豊田町町会  右:出川町第一町会・出川町町会合同】
9並柳.JPG 10並柳団地.JPG
【左:並柳町会  右:並柳団地町会】
11神田.JPG 12三才.JPG
【左:神田町会  右:三才町会】
13筑摩.JPG 14筑摩東.JPG
【左:筑摩町会  右:筑摩東町会(A&B)
15中林.JPG
【中林町会】
posted by 庄内玉手箱 at 12:15| 日記

2017年01月06日

平成29年 松本市消防出初式開催!

平成29年1月5日(木)、松本市消防団と松本広域消防局により、新年恒例の消防出初式が開催されました。
☆ 出初式とは?     
  出初式とは消防関係者の仕事始め式のことです。消防出初式の歴史は古く、万治2年
 (1659)正月4日、徳川幕府4代将軍徳川家綱のとき、老中稲葉正則が上野東照宮前
 に臨場し、定火消(旗本で組織された常備の火消し)4組で挙行したことが、始まりと伝
 えられています。
☆ 観閲式及び分列行進     
  松本市では、松本城から飯田町交差点まで、消防団員約800名と消防団車両及び消防局
 特殊車両による分列行進を行ない、途中、千歳橋上で菅谷松本市長、清水松本広域消防局
 長、村山松本市消防団長の観閲を受けました。庄内地区を管轄する第6分団は整然かつ力
 強く行進されていました

☆ 式典

  分列行進に続き、まつもと市民芸術館大ホールにて、式典が行なわれました。式典では
 永年消防活動従事している団員の表彰に加え、地区町会での防災活動や、企業の防火管理
 に多大な功績があった個人や団体の表彰が行われました。
                                    ※ 松本市公式ホームページより引用
IMG_5672.JPG IMG_5675.JPG
  【村山消防団長、菅谷市長、清水消防局長他消防関係者の皆さん】         【松本広域消防局指揮車の先導で分列行進がスタート】
IMG_5676.JPG IMG_5682.JPG 
    【消防団旗を先頭に行進が進みます】       【第1〜第6分団の皆さんです。第6分団は最右列です。】
IMG_5690.JPG IMG_5712.JPG
【第7〜第12分団の行進です。分列行進の最後は消防車両です。写真ははしご車です。】
posted by 庄内玉手箱 at 08:46| 日記