2016年03月25日


第24回弘法山桜まつりへお出かけください。

4月3日(日)〜4月29日(金)にかけて桜まつりが開かれます。夜7時から9時まではライトアップされた光の回廊を楽しめます。4月10日(月)は午前10時10分より特設ステージでの音楽祭も楽しめます。ぜひ、桜満開の弘法山へお出かけください。
関連イベント:まつり期間中、ゆめひろば庄内で弘法山がロケとなった映画「orange」のパネル展も開催!!

CIMG0298 (2).jpg
posted by 庄内玉手箱 at 10:21| 日記

2016年03月02日


安心して、住みやすい地域にするため、
住民主体の組織・団体の活動が進められています。
それぞれの組織・団体の主な活動を紹介します。

 


防災・ボランティア・広報のテーマで「庄内地区まちづくり協議会」が活動中!
主要団体や学校等の代表に参加をいただき、平成26年7月に設立しました。
テーマごと設立した専門委員会の活動は、次のとおりです。


【防災委員会】 ※平成26年〜
防災マップの作成し各町会へ配布しました。
指定避難所(地区内5ケ所、地区外1ヶ所)ごとに、避難所運営委員会の立ち上げ協議と、避難所運営マニュアル作成に取り組みました。


【ボランティア委員会】 ※平成26年
除雪をテーマに各町会で「雪かきボランティアの組織化」が検討されました。
すでにその取り組みをスタートされた町会もいくつかあります。


【広報委員会】 ※平成27年
庄内地区の皆さんに、地域の活動、人材、サークル等の情報発信のため、ホームページ開設をメインに取り組みました。


参加しませんか!「庄内地区ボランティアの会」に!
庄内地区では、様々なボランティア活動が行われていますが、まとまった活動には至っておりませんでした。平成23年6月30日の出川、並柳方面に多大な被害が集中した「長野県中部を震源とする地震」を機に、町会長会が中心となりボランティアの組織化の話し合いが重ねられ、平成26年2月25日に設立されました。
平成26年度、平成27年度は先進地視察を含め、それぞれ5回の特別講座を実施し、平成27年度末の会員は70名です。
さらに活動の輪を広げていきたいと思いますので、関心のある方は、庄内地区地域づくりセンター、庄内地区公民館または庄内地区福祉ひろばまで、ぜひご連絡をお願いします。お待ちしています。


2月19日に、「第1回庄内地区地域ケア会議」が開かれました。
地域包括ケアとは、誰でもが住み慣れた家で、地域で、安心して暮らし続けることができるよう、地域の見守りによる日常生活支援に、医療と介護の専門的なサービスを加え、地域全体で継続的に行う支援の仕組みです。
庄内地区では、まちづくり協議会委員に、地域の医療・介護・福祉団体の代表を加えた25名の委員と、行政、社協、包括支援センター職員が集まり「第1回庄内地区地域ケア会議」が先頃の2月19日に開催されました。会議では「高齢者を取り巻く現状」について様々な意見が交わされ、今後年1〜2回の「地域ケア会議」と、個別ケースごとの対応となる「個別ケア会議」を開催することが確認されました。
また、庄内地区を担当する「中央南地域包括支援センター」が、4月から「花・ふらんす食堂やまもと様」西側(筑摩東町会)に事務所を開設します。主任ケアマネージャー、保健師、社会福祉士が常駐し、皆さんの相談に乗ってくれますので、福祉関係でお困りの場合は、遠慮なくご相談ください。


●相談・お問い合わせは
庄内地区地域づくりセンター 庄内地区公民館(Tel/24-1811 Fax/24-1812) 
庄内地区福祉ひろば(Tel・Fax/27-8373)
中央南地域包括支援センター(Tel/ 55-3320 Fax/25-2211) まで
posted by 庄内玉手箱 at 18:40| 日記